城北通り動物病院松江は土日・祝祭日通常診療。急患随時受付、夜間連絡可。夜8時まで。往診・送迎可

病気の予防・対処

ノミ・ダニの定期駆虫のおすすめ

・4月ごろ~10月ごろまでの時期は、野外でノミ・ダニが大量に繁殖・発生します。
当然、動物たちは痒がります。ノミもダニも人の目で見える大きさですから、「ノミとり櫛」で毛をすけばすぐわかります。

●ノミの寄生

  • ・ノミは、野猫が多い地域には大量発生する可能性が高いです。たとえ屋内から一歩も出ない家猫ちゃんでも、ノミは野猫が窓の外を通ったりした時、網戸の隙間からでも飛び跳ねて侵入することがあります。油断大敵です。
  • ・ノミが寄生しているワンチャンや猫ちゃんと一緒に寝ていると、人にもうつります。当然、人の体も痒くなります。
●ダニの寄生
  • ・よくお散歩で草むらに入った後、毛の間に極小の動く黒い虫を見つけることがあります。一般に、「マダニ」と呼ばれるダニです。
  • ・ワンチャンや猫ちゃんの皮膚に取り付いて、血を吸ってだんだん大きくなります。かつて、ほとんど手入れがなされていない中型犬の耳の中で、吸血したダニが約1cm×8mmほどに膨らんで寄生しているのを発見したことがあります。
  • ・マダニは「犬バベシア症」というワンチャンの赤血球を破壊して、時に死に至らしめる恐ろしい病気を引き起こす可能性があります。
予防
  • ・残念ながら、量販店などで一般に販売されている「ノミ・ダニの薬」は、効果が薄いことが多いようです。
  • ・動物病院で処方される塗り薬があります。これは、首~背中の一部分の毛を分けて、地肌に垂らすだけで1カ月以上効果が持続します。

4~10月の間は定期駆虫をお薦めします。

ノミ・ダニ薬 使用上のご注意!

●シャンプーしてから塗る場合は、必ず1日経ってからにして下さい

  • ・皮膚の塗布薬は、毛根の皮脂に溶けて全身に廻ります。シャンプーで脂を取ってしまうと全身に廻りにくくなります。
  • ・逆に、塗ってから1日経ってシャンプーしても、薬は全身に廻っていますから大丈夫です。
  • ・全身の毛根から薬のガスが発生します。ダニが動物たちの毛の間を歩くだけで、薬が効いて落ちて行きます。
  • ・お薬は皮脂に溶けますので、体脂肪の少ない痩せ気味の仔は、お薬の効き目が弱い事もあります。
●経口薬の場合

  • ・動物たちのお腹で吸収されたお薬が、全身の血液の中に広がります。
    ですから、ダニは血を吸わないと死にません
  • ・ダニの死骸が皮膚にくっついたまま死んでいる事があります。動かないダニの場合、付いていると思って驚かないで下さい。
  • ・逆に、血を吸わないで毛の間を歩き回っている間は、ダニは死にません。

>>目次へ